通信制高校の比較ランキング千葉

通信制高校の比較ランキング千葉

きちんと卒業できる千葉の通信制高校お役立ちランキング

千葉の通信制高校への入学・転入・編入をお考えのみなさまへ 通信制高校の比較ランキング【千葉】は、千葉県内にある私立の通信制高校をリサーチして、それぞれの学校の特色・口コミ評判をまとめたサイトです。楽しい高校生活の第一歩を踏み出すために、学校選びの参考にしてくださいね。

HOME » 通信制高校の入学・転入・編入ガイド » 通信制高校ってどんなところ?

通信制高校ってどんなところ?

「どの通信制高校にすればいいんだろう…」と悩むその気持ち、とてもわかります。そこで、まずは学校選びをする前に、知っておきたい通信制高校の基礎知識を詳しくまとめました。

「通信制高校」とは?

通信制高校とは

通信制高校とは、通信による教育を行う高校のことで、自分のペースで学習を進めていきながら、高卒資格の取得を目指していきます。

基本的な学習スタイルは「自主学習」によって学習を進めていきます。そして、課題(レポート)の添削、面接指導(スクーリング)、試験(テスト)などを通じて、高校に必要とされる単位を取得していきます。

修業期間は3年以上と定められており、働きながら10年以上かけて卒業する人もいるなど、自分のペースで学習を進めていけるのが、通信制高校を利用する最大のメリットです。

卒業の条件は、必修科目はすべて単位修得、または履修認定をされていることが必須となり、在学中に74単位を取得した時点で卒業が認められます。

【通信制高校の単位取得方法】

  • レポート(課題)の提出
    自宅学習をしながら学校が定めた回数のレポートを提出し、添削指導を受けます。郵送でやり取りする方法と、最近ではインターネットのeラーニングを実施しているところもあります。
  • スクーリング(面接)
    面接を受ける登校日があり、自宅学習での疑問点を先生に質問できます。月に2回程度が主流のようです。
  • テスト(試験)
    自己学習で学んだことをテストします。定期的なテストに合格していくことで、単位を取得することができます。

全日制・定時制・通信制の違い

通信制高校の勉強の進め方

通信制高校が全日制・定時制と違う点は、「学校に毎日のように通う」という学習形態でないことでしょう。

全日制では平日に学校に登校し、1日5~8時間の授業を受けて、就業年度が3年。定時制は夜間とその他の時間帯で1日4時間の授業が行われ、3年以上の就業年数となります。

全日制と定時制は「学年制」で単位を取得していき、単位を落とすと留年になるという仕組みですが、通信制高校は「単位制」であり、ひとつひとつの項目によって学修を評価していくため、自分のペースで学習しやすいのです。

入学と卒業時期について

通信制高校は「単位制」「二学期制」を採用してる学校が多く、4月と10月に新入生募集を行うところが多いようです。転入・編入についても、随時募集されています。

入学方法は学校によって違いますが、基本的な流れとして、出願書類の提出、面接や書類による選考を通過すると、入学が決まります。詳細は、各学校に問い合わせてみてくださいね。

卒業時期は3月と9月が多いですが、必須科目の単位取得・就業認定されていることが卒業条件となるため、生徒のペースによって卒業時期が異なります。

知っておきたい「技能連携校」のこと

「技能連携校」とは、通信制高校と提携して、高校資格取得と社会生活で必要とされる、さまざまな教養や経験が得られる教育施設のこと。

通信制高校だけでは、独学で勉強をこなさなくてはならず、その後の進学や就職のサポートも難しいため、このような学校が設立されました。

塾などに通うダブルスクールの負担を軽減でき、高い確率で高校資格を目指せることから、「技能連携校」を選ぶ人が増えています。

よく間違われるのが「通信制サポート校」であり、これは高校に通う生徒を卒業できるようにサポートする、塾や予備校などに近い学校。技能提携校とは異なりますので、この機会に覚えておきましょう。

 
 
pagetop▲
通信制高校の比較ランキング【千葉】