通信制高校の比較ランキング千葉

通信制高校の比較ランキング千葉

きちんと卒業できる千葉の通信制高校お役立ちランキング

千葉の通信制高校への入学・転入・編入をお考えのみなさまへ 通信制高校の比較ランキング【千葉】は、千葉県内にある私立の通信制高校をリサーチして、それぞれの学校の特色・口コミ評判をまとめたサイトです。楽しい高校生活の第一歩を踏み出すために、学校選びの参考にしてくださいね。

HOME » 通信制の高校のメリットとは » 発達障がいの受け入れ体制が整った通信制高校とは?

発達障がいの受け入れ体制が整った通信制高校とは?

「発達障がいや体の問題を抱えていて、全日制や定時制に通うことが難しい…」 そんな人を受け入れて、高校進学から卒業までサポートしてくれるのが通信制高校。ここでは、発達障がいの人が通信制高校に通うメリットをまとめました。

発達障がいの受け入れ体制が整った通信制高校とは?

発達障がいの子どもの高校進学

発達障がいによって、コミュニケーションや集団生活が苦手だと、なかなか勉強についていけなかったり、人間関係に悩んでしまうもの。

特に、クラスメイトや先生など、人と人とのつながりがうまくいかない場合、いろんな問題が生じてくることもあります。

中学卒業後の進路には、あらゆる選択肢がありますが、高校進学という道をあきらめている、または躊躇しているという人は「通信制高校」を考えてみてはいかがでしょうか。

発達障がいの人が、通信制高校に通うメリット

カウンセリングや独自の学習システムでサポート

  • 発達障がいに理解のある先生やスタッフがいる。
  • 高卒資格を取得できる。
  • ひとりひとりの個性に合わせて、個別に指導してくれる。
  • 自分のペースで学び、困ったことがあったらフォローしてもらえる。
  • 自分の得意な分野など、好きな授業を選べる。
 

通信制高校の中には、発達障がいの生徒を受け入れる体制が、しっかり整っている学校があります。ひとりひとりの学習はもちろん、心のケアまで個別に対応する、全日制や定時制にはないサポートが魅力です。

人とのかかわりが苦手な方、今までの勉強が理解できず遅れている人に対して、それぞれの生徒に合った提案をしてくれます。

さらに、得意な分野を引き出し、苦手なところをフォローしてくれる、そういった通信制高校が千葉県はもちろん、全国にあることを、ぜひこの機会に知っていただければと思います。

どんな通信制高校を選べばいいの?

通信制高校のスタイルは、学校によって実にさまざまです。

自宅学習をメインにしながら、月数回のスクーリングと試験を行うところ、週1~5の登校スタイルを推奨しているところ、高校の勉強以外に「調理師」などの専門的技術を身につけられるところもあります。

発達障がいは個人によって複雑な問題があり、「得意分野」「苦手分野」が人によって違ってくるため、一概にどの学習スタイルが良いかを決めることはできません。

しかし、選ぶ学校は発達障がいの知識があるところ、理解があるところが望ましいです。

カウンセラーが常駐していたり、障害に対して専門知識を持ったスタッフがケアをし、個別にサポートしてくれる体制がある学校をおすすめします。

保護者が語る学校への思い

「今の通信制の学校では、自分の好きな活動が単位として認められるため、子供がイキイキと安心して学習に取り組んでいるようです。できるところや長所を伸ばす指導をしてくださる先生を信頼しています」

「娘の通った通信制高校は、発達障がいやアスペルガーに理解があり、先生方もカウンセラーのような専門的知識があり安心できました」

「先生やお友達が暖かく迎え入れていただき、充実した楽しい高校生活を送ることができたと思います」

通信制高校を選ぶときに確認したい5つのポイント

発達障がいを抱えている人が、通信制高校を選ぶ際は、以下のポイントを確認してください。

  • 発達障がいへのサポートに力を入れているかどうか?
  • カウンセラーがいるかどうか?
  • 少人数制クラスなど、先生が生徒を把握しやすいかどうか?
  • 興味のある分野や授業が選べるかどうか?
  • SST(社会生活技能訓練)やライフプランなど、生活力・自己表現力を学ぶ授業があるかどうか?

発達障がいへのサポートに力を入れているかどうか?

発達障がいは個性の一つとも言われますが、それでも障がいがない子供とは感じ方も考え方も違うので、発達障がいに特化したサポートが必要です。障がいに基づく行動やメンタル面のサポートをしてくれなければ普通校と変わりません。

障がいへの理解はもちろん、個人の学習レベルに合わせた指導や専門カウンセラーによるメンタルサポート、優れた部分を伸ばし才能を引き出すための専門課程など学習面やそれ以外のサポートにも力を入れているかがとても重要です。

カウンセラーがいるかどうか?

学校を選ぶ上で、カウンセラーがいるかというのは一番分かりやすい基準です。カウンセラーは資格を取得しているので、専門知識を持っています。

発達障がいの学校にいるカウンセラーは、心のケアやソーシャルスキルを伸ばすためのケアに関するプロフェッショナルです。

勉強を教える教師ではカバーできない部分をフォローしてくれるので、安心して学校生活を送ることができます。

ただしカウンセラーがいる学校であっても、常駐している学校と不定期の学校があるので、その点だけ注意してください。

少人数制クラスなど、先生が生徒を把握しやすいかどうか?

生徒が多いと、どうしても目が行き届かず表面的な言動や行動でしか生徒を判断できなくなってしまいます。細やかな心の動きや言動の裏に隠れているものが見えないので、十分なフォローができません。

また、子供がどのような才能を持っているのか、どんな部分が秀でているのかも把握するということは発達障がいの学校において必要不可欠です。

大人数の学級では、一人ひとりの個性を見抜けないので、少人数制で把握しやすい環境が整っていることが重要です。

興味のある分野や授業が選べるかどうか?

発達障がいを持っている子供は、記憶力が飛び抜けて良かったり、自分が興味を持ったことに対しては驚くような集中力を見せたりするという特徴があります。

この特徴は、発達障がいの子供だけが持つ才能です。その才能が伸びるのか、ただの特徴で終わってしまうのかは、興味を示している分野や授業を受けられるかがポイントになってきます。

発達障がい児が持つ記憶力や集中力は、普通の人が努力しても得られないものですから、授業の選択肢がある学校を選んであげましょう。

SST(社会生活技能訓練)やライフプランなど、生活力・自己表現力を学ぶ授業があるかどうか?

発達障がいであっても、子供のうちは親が面倒を見てあげられますが、いずれは社会に出て自分で生活をしていかなくてはいけません。そのためには、学校に在籍している間に自立できる力を身につける必要があります。

発達障がいがあると、自分の思いや考えをうまく表現できなかったり、規則的な生活を順序だてられないことも少なくありません。

ですので、SST(社会生活技能訓練)やライフプランなどの授業がある学校を選んで、生きる上で必要な生活スキルを身につけられるようにしましょう。

子供の可能性は学校次第で引き出せる!

これからの可能性を見出すために、発達障がいへの理解、個別対応の整った学校を選ぶことが大事だと思います。

 
 
pagetop▲
通信制高校の比較ランキング【千葉】