千葉の通信制高校ランキング » 通信制高校の入学・転入・編入ガイド » 高卒認定試験とは?

高卒認定試験とは?

「高卒資格」とよく似た言葉、「高卒認定試験」とはどのようなものなのでしょうか?ここでは「高卒認定試験」について詳しくご紹介します。

高卒認定試験とは

全日制・定時制・通信制のいずれかの高校を卒業することで得られる「高卒資格」。これに対して、「高卒認定試験」とは、高等卒業者と同レベルの学力がある かどうかを認定するための試験のことを言います。正式名称は「高等学校卒業程度認定試験」で、れっきとした国家試験。平成17年以前は大学入学資格検定(大検)と呼ばれていました。

高卒認定試験に合格することによるメリット

高卒認定試験に合格することで、高校を卒業した場合と同じように、大学・短期大学・専門学校などの入学試験や、公務員試験など国家試験の受験資格を得ることができます。また、就職の際にも、高校卒業者と同等の扱いを受けられる企業が多くあります。

高卒認定試験の受験資格と受験日

高卒認定試験を受験する年度末までに満16歳以上で、大学入学資格を持たない人であれば、誰でも受験することができます。(ただし、大学に入学するのは18歳になってから)

受験日は年に2回あり、毎年8月上旬と11月上旬の各2日間に実施されています。

参照元:文部科学省[PDF](https://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shiken/06033010/__icsFiles/afieldfile/2016/03/07/1232940_01_1.pdf)

高卒認定試験の受験科目と免除制度

合格に必要な科目は、8科目以上です。受験科目は、国語・数学・英語が必須で、世界史や日本史、地理、現代社会、物理、化学などから選択します。試験はマークシート方式。一度にすべての科目に合格できなくても、合格した科目は次回以降受験しなくてよいため、不合格となった科目だけを再チャレンジして合格を目指すことができます。合格の有効期限はありません。また、英検や各種の技能検定を取得していると、該当する科目が免除されます。

参照元:文部科学省[PDF](https://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shiken/06033010/__icsFiles/afieldfile/2016/03/07/1232940_01_1.pdf)

高卒認定試験に合格するために

独学で高卒認定試験に合格することもできますが、「どうやって勉強したらいいかわからない」「効率良く勉強したい」という人には、高卒認定試験対策に特化したコースや、対策講座を設けている通信制高校に通うのがおすすめです。通信制高校なら、通いながら高卒認定試験を受験することも可能です。

高卒認定試験によって進路は大きく開かれますが、あくまで「高校卒業と同等以上の学力を証明するもの」であり、高校卒業とは異なり、履歴書の学歴は高校卒業とはなりません。(高卒認定試験合格と記載することはできます。)試験のための勉強だけではなく、幅広く勉強したい人や大学進学を考えている人は、通信制高校などに通いながら、じっくり勉強を進める道も検討してみてください。

不登校の子が高卒まで!
総合力の高い通信制高校
ランキングを見る

自由度の高い千葉県の
通信制高校おすすめ3校
好きな授業を自由に選んで、自分にあったオリジナルのカリキュラムが組める。そんな自由度の高い千葉県内の通信制高校を、選べる授業数の多い順で並べてみました。
ランキング1位
開校以来の平均卒業率は
なんと99.15%!
興学社高等学院
(選べる授業の種類:120種

公式HPへ

ランキング2位
全国各地に
キャンパスを展開
クラーク記念国際高等学校
(選べる授業の種類:30種)

公式HPへ

ランキング3位
独自の合格支援制度で
志望校合格へ
中央高等学院(千葉校)
(選べる授業の種類:不明)

公式HPへ

2020年12月時点で、千葉の20校を対象に、公式HPで「カリキュラムが選べる」という記載が確認できた通信制高校の中から、選べる授業の種類順にランキングにしました。公式HPにカリキュラムの選択の有無が確認できなかった学校に関しては、選定外にしております。