千葉の通信制高校ランキング » 通信制高校の入学・転入・編入ガイド » 卒業後はどうしているの?

卒業後はどうしているの?

「通信制高校卒業後の進路が気になる」という保護者の皆さんに向けて、就職や進学(専門受験や大学受験)の状況、進路についてご紹介します。

通信制高校を卒業した後の進路について

令和元年度(2019年)の文部科学省の報告

全国の通信制高校卒業者は56,283 人で、進路の内訳は次の通りです。

参照元:令和元年度 学校基本調査:Ⅱ.調査結果(P24)(https://www.mext.go.jp/content/20191220-mxt_chousa01-000003400_2.pdf)

編集者の考察

大学や専修学校に進学した人は全体の約4割、就職は約2割で、通信制高校卒業者の約6割が進学か就職をしています。一方で、進学も就職もしていない「その他」の割合が約4割を占めており、通信制高校の大きな特徴となっています。夢を追いかけながらフリーター生活をしている、という前向きな人も中にはいますが、進路を決められず、フリーターやニートになっている人も多いのが現状です。
卒業後の進路は、誰もが不安に思うこと。だからこそ、通信制高校を選ぶ際には、卒業率とともに、進路決定率や進路先の実績を良く確認することが大切です。進路が確定している卒業生が多い高校は、いかに進路指導力があるかを示しているからです。

不登校の子が高卒まで!
総合力の高い通信制高校
ランキングを見る

目指す進路によって、選びたい通信制高校は?

大学・短期大学・専門学校への進学

通信制高校というと、卒業後は就職する、というイメージがあるかもしれませんが、最近は大学への進学も増えており、受験によって難関大学へ進学する人も多くいます。

通信制高校と一口に言っても、進学に強い高校から、就職に強い高校までさまざまです。大学進学を目指すなら、難関進学コースがある・進学サポートがあるなど、受験対策を行っている学校を選びましょう。大学・短期大学推薦制度を採用していて、指定校推薦がたくさんある高校なら、より可能性が広がりますね。ぜひ、各高校の公式HPで 進路実績を確認してみて下さい。

また、専門知識や資格の取得を目指して専門学校へ進学する人も多くいます。 高校によっては、美容や健康の専門科目コース、資格取得やマナーなど社会人としての基礎を学ぶ総合学習コース、動画編集やアプリ開発など今時の専門技術を学ぶコース、心理学など、不登校やいじめに遭った生徒に人気のコースなど、1人1人の興味や可能性を広げるさまざまな学科・コースを設けています。

高校選びは、卒業後のプランを視野に入れて検討することも大切です。

企業への就職を目指す

卒業後に就職を希望しているなら、専門分野を学べる学校を選びましょう。在学中に専門的な知識を学び、関連した資格を取得しておけば、就職を有利に進めることができます。

高校によっては、将来どんな仕事に就きたいのか、どんな仕事に向いているのか、相談に乗ってくれたり、「企業インターンシップ」を導入して生徒の可能性を広げてくれるなど、サポート体制が整っている通信制高校も多くあります。

就職率や就職実績などを参考に選ぶことも重要なポイント。卒業生がどんな企業に就職しているのか、公式HPで必ず実績をチェックするようにしましょう。

自由度の高い千葉県の
通信制高校おすすめ3校
好きな授業を自由に選んで、自分にあったオリジナルのカリキュラムが組める。そんな自由度の高い千葉県内の通信制高校を、選べる授業数の多い順で並べてみました。
ランキング1位
開校以来の平均卒業率は
なんと99.15%!
興学社高等学院
(選べる授業の種類:120種

公式HPへ

ランキング2位
全国各地に
キャンパスを展開
クラーク記念国際高等学校
(選べる授業の種類:30種)

公式HPへ

ランキング3位
独自の合格支援制度で
志望校合格へ
中央高等学院(千葉校)
(選べる授業の種類:不明)

公式HPへ

2020年12月時点で、千葉の20校を対象に、公式HPで「カリキュラムが選べる」という記載が確認できた通信制高校の中から、選べる授業の種類順にランキングにしました。公式HPにカリキュラムの選択の有無が確認できなかった学校に関しては、選定外にしております。